びぶりお工房 コミュニティサイト
メイン
   現在製作中の本
   『滅びの前のシャングリラ』

このスレッドを見ているのは:   1 匿名ユーザ

返信の投稿 新規スレッド作成画面へ

  ボトム    前のトピック    次のトピック
  •  オプション
投稿者 スレッド
  •  administrator
      administrator
『滅びの前のシャングリラ』
#1
管理人
登録日: 2007-8-24
居住地
投稿: 576
オフライン
『滅びの前のシャングリラ』 凪良ゆう著 中央公論新社 333ページ

統理と小学生の百音はふたり暮らしだが、血はつながっていない。
朝になると同じマンションに住む路有が遊びにきて、三人でご飯を食べる。
その生活を“変わってる”という人もいるけれど、日々楽しく過ごしている。
三人が住むマンションの屋上には小さな神社があり、地元の人からは『屋上神社』などと呼ばれている。
断ち物の神さまが祀られていて、悪いご縁を断ち切ってくれるといい、“いろんなもの”が心に絡んでしまった人がやってくるが―そこを訪れる“生きづらさ”を抱えた人たちと、「わたし」の物語。
投稿日時: 2020-10-8 11:51
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
題名 投稿者 日時
     冒頭コメント administrator 2020-10-17 10:04
 トップ   前のトピック   次のトピック

返信の投稿 新規スレッド作成画面へ