びぶりお工房 コミュニティサイト
メイン
   工房で作成した図書ご紹介
   『老年という海をゆく 看取り医の回想とこれから』

このスレッドを見ているのは:   1 匿名ユーザ

返信の投稿 新規スレッド作成画面へ

  ボトム    前のトピック    次のトピック
  •  オプション
投稿者 スレッド
  •  biblio
      biblio
『老年という海をゆく 看取り医の回想とこれから』
#1
長老
登録日: 2008-4-16
居住地
投稿: 5842
オフライン
『老年という海をゆく 看取り医の回想とこれから』 大井玄著 みすず書房 281ページ

認知症は病気ではなく、老耄のあらわれ−。
内科臨床医として終末期医療や認知症に取り組んできた著者が、看取り医としての長年の経験を振り返りながら、生老病死に思索をめぐらし、超高齢社会の指針となる知見の数々を示す。
投稿日時: 2018-6-14 14:30
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
題名 投稿者 日時
     冒頭コメント biblio 2018-7-6 11:47
 トップ   前のトピック   次のトピック

返信の投稿 新規スレッド作成画面へ