びぶりお工房 コミュニティサイト
メイン
   工房で作成した図書ご紹介
   『ちょっと一杯のはずだったのに』

このスレッドを見ているのは:   1 匿名ユーザ

返信の投稿 新規スレッド作成画面へ

  ボトム    前のトピック    次のトピック
  •  オプション
投稿者 スレッド
  •  biblio
      biblio
『ちょっと一杯のはずだったのに』
#1
長老
登録日: 2008-4-16
居住地
投稿: 5956
オフライン
『ちょっと一杯のはずだったのに』 志駕晃著 宝島社文庫 256ページ

人気パーソナリティーの沙也加が殺され、警察は彼女と最後に会っていた恋人の矢嶋を疑う。
矢嶋は否定するも、泥酔して記憶がない。
さらに殺害トリックを暴けない警察からは「お前が作った密室現場の謎を解け!」と迫られ…。
投稿日時: 2018-6-9 9:14
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
題名 投稿者 日時
     冒頭コメント biblio 2018-6-22 11:06
 トップ   前のトピック   次のトピック

返信の投稿 新規スレッド作成画面へ