びぶりお工房 コミュニティサイト
メイン
   現在製作中の本
   『そして、バトンは渡された』

このスレッドを見ているのは:   1 匿名ユーザ

返信の投稿 新規スレッド作成画面へ

  ボトム    前のトピック    次のトピック
  •  オプション
投稿者 スレッド
  •  biblio
      biblio
『そして、バトンは渡された』
#1
長老
登録日: 2008-4-16
居住地
投稿: 6093
オフライン
『そして、バトンは渡された』 瀬尾まいこ著 文藝春秋 375頁

血の繋がらない親の間をリレーされ、4回も名字が変わった森宮優子、17歳。父親が3人、母親が2人。
だけどいつでも両親を愛し、愛されていた−。
身近な人が愛おしくなる、優しい物語。
投稿日時: 2019-4-11 13:01
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
題名 投稿者 日時
     冒頭コメント biblio 2019-4-17 9:16
 トップ   前のトピック   次のトピック

返信の投稿 新規スレッド作成画面へ