びぶりお工房 コミュニティサイト
メイン
   現在製作中の本
   『世界一高価な切手の物語 なぜ1セントの切手は950万ドルになったのか』

このスレッドを見ているのは:   1 匿名ユーザ

返信の投稿 新規スレッド作成画面へ

  ボトム    前のトピック    次のトピック
  •  オプション
投稿者 スレッド
  •  biblio
      biblio
『世界一高価な切手の物語 なぜ1セントの切手は950万ドルになったのか』
#1
長老
登録日: 2008-4-16
居住地
投稿: 5847
オフライン
『世界一高価な切手の物語 なぜ1セントの切手は950万ドルになったのか』 ジェームズ・バロン著 高山祥子訳 東京創元社 235ページ

世界に1枚しかないとされる切手は、どのようにして950万ドル(約10億円)の価値を有するに至ったのか−。
約160年前、英領ギアナで印刷された切手「1セント・マゼンタ」をめぐるコレクターの数奇な運命と情熱を描く。

*原注あり
*英語表記あり
投稿日時: 2018-7-25 11:34
投稿からPDFを作成 印刷
トップ
題名 投稿者 日時
     冒頭コメント biblio 2018-8-7 11:14
 トップ   前のトピック   次のトピック

返信の投稿 新規スレッド作成画面へ