『人と思想 118 シュニツラー』

投稿者: biblio 投稿日時: 2016-11-17 10:23:07
『人と思想 118 シュニツラー』 岩淵達治著 清水書院 232ページ

森鴎外訳の戯曲「恋愛三昧」などで知られる劇作家シュニツラー。
エロスと死の作家と考えられてきた彼の作品の社会性を、生涯を追いつつ明らかにする。

*地図、写真、図、表、年譜、参考文献、索引有り

この投稿者: http://bibliostudio.jp/community/newbb/viewtopic.php?forum=5&topic_id=2352&post_id=6257